ABOUT US

プライムデンタルは、
「患者さんを第一に考えた義歯づくり」を
大切にしています。

1995年(平成7年)に創業者北島正之(歯科技工士)が独立し立ち上げた、
義歯を専門に取り扱う歯科技工所です。
当社には創業から一貫して大切にしている基本姿勢があります。
それは「患者さんを第一に考えた義歯づくり」です。
歯科技工士は、患者さんと直接関わることが少ないため、
「自己満足な義歯づくり」に陥りやすい傾向があります。
当社では可能な限り歯科医院へ足を運び、
患者さんとのコミュニケーションを行うことを大事にしています。
そこで聴くことのできた声を、義歯づくりに反映させて
義歯の付加価値を高められるように努めています。

PHILOSOPHY

「世界一の食べる歓び追求企業」を
私たちは目指します。

企業理念:「人の可能性を信じ、人を活かす。あくなき追求と挑戦」

経営理念:楽しく食べる歓び

私たちプライムデンタルは創業以来、人の可能性を信じて、その人を活かしながら、
義歯づくりに対して真摯に向き合い追求と挑戦を理念にこれまで歩んできました。
その在り方はCL(クライアント)、CS(カスタマー)、
MKT(マーケット)、OG(組織)に対しての姿勢にも通じています。
その変わらぬ理念を元に、「世界一の食べる喜び」を追求していく企業を目指し、
楽しく食べる歓びが広がる社会の実現に貢献します。

PRIME VALUE

私たちは「4つの価値」を最大限に活かし、
義歯づくりに役立てていきます

品質(CSカスタマー)

私たちが義歯作りを通して貢献できることは高い品質の義歯を生み出すことです。
それは義歯を装着し、使用する患者さんが食べる喜びを実感し満足いただけること。
また歯科医師の先生方の限られたチェアタイムの中で、
義歯の調整の時間を最低限に抑えること。
高い品質を維持するための独自のシステムを確立し、それらを可能にしています。

歯科でのコミュニケーション(CLクライアント)

当社は歯科医師、歯科衛生士とのコミュニケーションの重要性を理解しています。
患者さんに対して高いレベルの医療提供するためには、
お互いの共通認識、共通体験、共通言語から導き出されるものだと感じているからです。
それを実現するために日々のコミュニケーションはもちろんのこと、
当社が企画主催している講演会や実技講習会などのイベントを
通して積極的に交流の場を提案していきます。

人材の育成(OGオーガナイゼーション)

当社の組織はとてもユニークです。意見の通りにくい、硬直した縦割りの関係性はここには存在しません。
自ら考え、自由に意見を発し、その意見が貴重な資源となり新たな可能性を創り出す。
ひとり一人の個性が際立つ社風が組織のイノベーションを引き起こすと信じているからです。
歯科技工士である以上、歯科技工ができることは当たり前のことだと考えています。
最も大事なことは人間力を身につけること。
成長し、培われた人間力があってこそ身につけた技術が輝くと信じているのです。
人間力を高めるための人財教育への投資を惜しむことはありません。
「人の可能性を信じ、人を活かす」
この人事理念が組織を創り、その組織がプライムデンタルそのものを突き動かしているのです。

社会貢献(MRKマーケット)

世界を見渡しても、かつて経験したことのない超高齢化社会に突入している日本。
2030年には国民の1/3が65歳以上の高齢者になると言われており、
生産年齢人口の減少などもすでに叫ばれております。
そのような社会に対してプライムデンタルは世界一の「食べる喜び」を追求する企業として、
健康に口から食べて喜び合える社会の実現を目指す為に、必要な取り組みを日々追求していきます。